嫁@マス兎くるすがわ情報局

ちょっと変わった娘との日常生活の中で気になる情報を配信します!

ハロウィン装飾を作ろう! グルーガンを使ったハロウィン装飾の作り方

この記事では、親子で楽しく作れるハロウィン装飾をご紹介します。

f:id:ayanekurusugawa:20170909170213j:plain

夏休みが終わると同時に、早いところではハロウィンの装飾品を売り出しますよね。私も先日、100円均一でハロウィン装飾が売られているところを見て、そろそろ作り出さなきゃダメかな・・・なんて思っていました。

 

そこで今回は、親子で作れるハロウィン装飾として、

 

 

・画用紙一枚と余った毛糸で作るハロウィン装飾

グルーガンを使ったハロウィン風の写真たて

・折り紙を使ったガーランド

 

この3つのハロウィン装飾の作り方を簡単に説明します。

 

・画用紙一枚と余った毛糸で作るハロウィン装飾

f:id:ayanekurusugawa:20170909171217j:plain

 

せっかくのハロウィンなのですから、とりあえずカボチャを描こう!と、思いまして、オレンジ色のA4サイズの画用紙を4等分にして、カボチャを描いてみました。

 

使用するもの

 

・画用紙

・はさみ

・カッター(もしくはデザインカッター)

・テープまたはグルーガンなど

・余った毛糸かヒモ

 

つくり方

 

1.オレンジ色の画用紙(今回はA4サイズを4等分)にカボチャを描きます

2.目と鼻と口は切り抜きます

3.カボチャの周りの余分な画用紙を切り取ります(これを好きな数だけ作る)

4.あまり毛糸を用意して、カボチャの裏面に接着します

5.壁に飾って完成です

 

小さいお子さんと作る場合、はさみを使用するため十分注意してください。また、カッターは危険ですので、大人の方が使用してくださいね。

f:id:ayanekurusugawa:20170909171223j:plain

 


グルーガンを使ったハロウィン風の写真たてf:id:ayanekurusugawa:20170909171446j:plain

 

本棚に飾る装飾品を置物だらけにしても良かったのですが、掃除が面倒だな・・・なんて大人の事情で、写真たてを作ることにしました。

今回使用した小物は、すべて100円均一ダイソーで購入したものです。

 

使用するもの

 

・お好きな写真たて(今回はダイソーの3枚写真を入れられる写真たてを購入)

・装飾品(ハロウィンコーナーにあったカボチャ・どんぐり・葉っぱ)

グルーガン

 

つくり方

 

1.装飾品を貼り付ける前に、まずは配置を確認します

2.バランスの良い配置になったら、ひとつづつ丁寧に接着していきます(今回はグルーガンを使用しましたが、グルーガンではなく木工用ボンドでも作成可能です)

3.貼り終わったら、接着されていることを確認して、飾るだけです

 

今回は3連の写真たてを使用したため、真ん中だけ写真を入れられるようにして装飾しました。

グルーガンを使用する場合は、かならず大人の方が使用して、はさみなどでパーツを切り取る場合はお子さんから目を離さないでくださいね。


・折り紙を使ったガーランド

f:id:ayanekurusugawa:20170909172621j:plain

 

娘「あれあれ、誕生日とかに飾る三角形のアレ作ろうよ!!」

私「あれ・・・ガーランド?」

 

という娘の提案から、折り紙を三角形に切って、ハロウィンと書いてみました。ほかのデザインのほうがかわいいかもしれませんが・・・。

 

使用するもの

 

・折り紙

・カラーペン

・カッターまたは、はさみ

・余った毛糸

・穴あけパンチ(今回は2つ穴)

 

つくり方

 

1.折り紙を三角形に切ります(二等辺三角形の場合は、真ん中に折り目をつけてから切り取ると簡単です)

2.カラーペンで文字を書きます

3.全部書いたら重ね合わせて、穴あけパンチで穴を開けます

4.紐を通して、最初と最後を輪にして結んでおきます

5.好きなところに飾ります

 

壁に穴を開けたくない場合、100円均一で売っているかもいフックを利用すると、壁を気付つけずに飾れますよ。見た目は・・・このさい気にしないで。

 

まとめ

 

ハロウィン用品はこの先ちょっとずつ増やしていく予定です。今後も娘と一緒に装飾品を作っていけたらいいな・・・なんて考えていますので、もしも良いアイディアが浮かんだら、またご紹介しますね。

 

皆さんも、お子さんと一緒に装飾品を作って楽しんでみてください。